バレない豊胸手術ってあるの?見られても触られても分からない胸

豊胸手術といっても多くの方はただバストが大きくなればいいとは思っていないのではないでしょうか。

当たり前ですが、見られたり、触られたりしたときに

「あれ、なんだか変だな・・・ひょっとして豊胸手術?」

なんて思われることは避けたいですよね。

最近は美容整形の技術もどんどん進歩していますので、豊胸手術に関しても同じように高い質が期待できますが、バレない豊胸手術はどんなものがあるでしょうか。

自然な仕上がりと言えばコンデンスリッチ豊胸手術

自然な仕上がりという点で最も信頼性が高いのはコンデンスリッチ豊胸手術でしょう。

自分の脂肪を吸引して遠心分離器にかけ、質が高い脂肪だけを抽出してバストに注入する手法です。

コンデンスと言うのは日本語で、【濃縮】という意味を持っているとおり、純度の高い脂肪を濃縮して胸につけるわけですね。

今まで行われていた脂肪注入の豊胸手術よりも高い定着率が期待でき、脂肪細胞が壊死してしまう可能性を低くしています。

また、純度の高い脂肪を使う事は体の負担を軽くする事にもつながっています。

バレない豊胸手術という観点では一番おススメできる手法ですね。

コンデンスリッチ豊胸のデメリットは費用

残念ながら費用はハッキリ申し上げて高く、150万円前後は見ておいた方が良いでしょう。

質を取るか、費用を取るかは個々の選択になってきますね。

最近注目されているプチ豊胸 アクアリフト・アクアフィリング豊胸

98%が水分で構成されているアクアリフト・アクアフィリングを使った豊胸手術が最近は注目されています。

水の為柔らかな感触が手に入り、5年ほどの時間をかけてゆっくりと体外に排出されていくという事で、身体にかかる負担が少なく、先のコンデンスリッチのように脂肪を吸引する必要もありません。

プチ豊胸のような感覚で、バストに注入する形になりますし、費用も30万~50万前後とコンデンスリッチよりも大分抑えられます。

バレないという点においてもレベルの高い豊胸手術ですね。

アクアリフト・アクアフィリング豊胸のデメリット 症例数が少ない

問題があるとすると日本では始まったばかりのため、症例数が少ない事ではないでしょうか。

アクアリフトなどは2015年頃から日本でも開始されたものなので、世界では実績がありますが、日本ではこれからというところです。

費用を抑えたいならヒアルロン酸豊胸

今回説明させて頂くものの中では質が低くなるものの、費用はかなり安く、10万円~30万店程度で施術を行う事が出来るのがヒアルロン酸豊胸です。

バレないという点ではやはりコンデンスリッチなどの方がより良いですが、だからと言ってヒアルロン酸がダメというワケではありません。

ただし、しこりになるリスクなどは少し高まってしまいますね。

ヒアルロン酸豊胸のデメリットは持続時間

ヒアルロン酸豊胸は、早ければ3ヶ月程度で効果が無くなってしまいますので、正にこの夏だけ豊胸しておきたい!というような使い方になってしまいます。

何年も持続させたいと考える方は別の施術を選んだ方が無難ですね。

最後に

バレない豊胸手術を受けるためにはやはり豊胸手術について良く調べ、特に美容外科クリニックの評判などは注意した方が良いでしょう。

同じ施術方法でも美容外科によって違いが出る事はよくありますので、どこが優秀なクリニックか、人気があるのはどこなのか知っておきたいですね。

そこで情報が得られるサイトを↓にご紹介しておきます。

豊胸全般の情報に強いサイトはこちら

特に豊胸手術の費用や評判について詳しく、ランキング形式で掲載してくれているので分かりやすいです。

是非バレない豊胸手術を受けるための参考にしてみてくださいね。